診療内容は多様化している

    昨今、産婦人科医師の不足が問題となっています。比較的規模の大きい総合病院でも医師の不在を理由に診療を取りやめる...

    Readmore

    健康に過ごすことが大事

    女性特有に起こる様々な出来事は、産婦人科で対処できます。女性が結婚をして妊娠をしますと、健康な赤ちゃんを産むた...

    Readmore

    検診の大切さ

    女性にとって産婦人科というところは、女性特有の病気にも対応しているのです。主なものはがん検診における、乳がん検...

    Readmore

アーカイブ

カテゴリー

カレンダー

2015年4月
« 12月    
 12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
27282930  

産婦人科では、分娩や婦人科疾患の人を対象にしています。
そのため、分娩を控えた妊婦をはじめ、出産後の褥婦、婦人科疾患を患っている人が対象です。

婦人科疾患は、子宮や卵巣などの女性器の疾患のことです。
例としては、子宮内膜症や子宮筋腫、子宮頸がん、子宮体がん、卵巣腫瘍などが挙げられます。
産婦人科があるのは、大学病院をはじめ他にも診療科目の入っている大病院や、クリニックがあります。
がんの場合にはその診断に専門の検査が必要となることや、治療のための専門の機器が必要となるため、クリニックで発見された場合は、大病院に紹介されることがほとんどです。
このような産婦人科には、医師をはじめ看護師、助産師などが医療に携わっています。

乳腺外科や人間ドックで行われています


このように女性特有の分娩や婦人科疾患を取り扱っていますが、乳がん検診などは行っていないことがほとんどです。
乳がんは女性特有の疾患に思われることが多いですが、男性でも発症します。
そのため、乳腺外科で取り扱っていることが多いのです。
乳がんは、40代の女性で多く発症する病気ですが、自分で見つけることができる唯一のがんと言われています。
そのため、自宅での乳房のセルフチェックが推進されていますが、検診も大切です。
なぜなら、セルフチェックでは見つけられないしこりを見つけることができるからです。
乳がん検診では、主にマンモグラフィーの撮影や、エコー、医師の触診が行われています。
このような検診は人間ドックでも行われていることがあります。

乳がんの早期発見、早期治療に必要なこと


人間ドックでは、看護師や保健師、医師が携わっているので、乳がんのセルフチェックの方法を指導しているところもあります。
乳がんのセルフチェックは、月に1度自分で乳房を触り、しこりがないかを探しますが、指導場所では人形を用いてしこりがどのようなものかをレクチャーしてくれるところもあります。
また、セルフチェックでは乳房を触る以外にも、乳頭を軽くつまみ分泌物がでないかチェックします。
このとき、血液のような色がでると乳がんの可能性が高くなるので、乳腺外科や乳腺クリニックの受診が必要となってきます。
人間ドックでは、このような知識を教えてくれるのです。
もしも乳房に異常を感じた場合は、乳腺外科や乳腺クリニックを受診しましょう。

オススメリンク



診療内容は多様化している

昨今、産婦人科医師の不足が問題となっています。
比較的規模の大きい総合病院でも医師の不在を理由に診療を取りやめる所が徐々に増えているのです。
現在こうした状況が少子化問題を一層深刻化させています。
これまでの産Read more

関連リンク